トップページ | 2005年3月 »

空の旅とチャイルドシート

Travel

長距離フライトで膝の上は親子ともども辛いので、まだ2歳未満だが、娘のために座席を予約することにした。いろいろ調べてわかったのは、小さい子にはやはり体の大きさにフィットするチャイルドシートがすわり心地もよく、安全だということ。ところがバルクシート(最前列の肘掛にトレーが内臓された座席)のシート幅に合う、チャイルドシートを見つけるのが結構大変なのです。やっとのことで見つけた最小幅のものでもスペック上は1cmオーバー。祈るような気持ちで機内に持ち込んだところ、うまくセットできたときの嬉しかったこと! これからの海外旅行で活躍しそうです。

機内でチャイルドシートを使うには、

  1. 子どもの座席を購入する必要あり(子どものマイルもたまります♪)
  2. どんな規格のチャイルドシートなら機内持込みできるか確認する。 (日本のJIS規格や、米国のFMVSS No.213などの審査を通ったチャイルドシートしか装着させてくれない)
  3. 座席の幅を確認する。私は、世界でも狭い方と思われるJALのエコノミーのバルクシートの幅が、43cm/16"と言われ、
    evenfloの旧型メダリオンを購入しました。テーブルなどが椅子に収納されている最前列でなければもうちょっと幅があると思います。 

Cargo 米国の空港ではよく見かけますが、大きなチャイルドーシートを持って飛行場や機内を歩くのはかなり大変です。今後も飛行機+レンタカーの旅を予定しているのであればKiddieCargo LoRiderというチャイルドシート用の
キャリアがお勧めです。チャイルドシートをこのキャリアにくくりつけて、子どもを乗せたまま移動できるので大変便利です。メーカのホームページが無くなってしまったようなのですが検索すると商品販売ページがかかることがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベビーカーで都バスデビュー

以前からとても気になっていた都バスのノンステップバス。
車椅子用のスペースがある車両もあるようなので一度ベビーカーで
乗ってみたいと思いつつ、断られるのが不安で、
今まではバスを横目に歩いていました。

今日は家から電車で一駅の場所へ行きはタクシーで出かけたのですが、
思わず沢山買い物をしてしまったところに娘が寝てしまい、
ベビーカーから娘を降ろさずに家へ帰る方法はないかと考えていたところ、
目の前にバス停が。
車椅子マークとノンステップの文字を確認して恐る恐る、
乗り口へ進み出たところ、「後ろからどーぞー」と運転手さん。
広々とした降車口からベビーカーを持ち上げる。
沢山の荷物がぶら下がった重そうなベビーカーなので、
他の乗客が心配そうに見ているけれど、
こちらとしては階段一段分ぐらいの高さなので、チョロイ、チョロイ。

車椅子固定用にもともと座席のないオープンスペースがあったので
そこにベビーカーを停めて、ブレーキをかけました。
独りの頃は、迂回が多くて遅いと思っていたバスも娘と一緒だと
快適で早い。あっという間に家の最寄の停留所に到着。

多少時間がかかっても、駅まで歩いて階段を上り下りするのが
大変なお年寄りがバスをよく利用するというのが理解できました。
階段はないし、家の近所まで来てくれるし...。
これで行動範囲が広がりそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お揃いのコート

Coat 妹がパリで買ってきてくれたコート。お揃いのように見えるのだけれど違うかな?

オンラインで知り合った地球の裏側のお友達とつながっている不思議。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手帳にいたずら書き

Pc 親のすることをよく見ています。
仕事中に抱っこをしていたら、机の上からボールペンをゲット。
どうするのかなと思っていたらすかさず傍にあった手帳も取られ、
おもむろに開いて、ぐちゃぐちゃ書かれてしまいました。
最近は紙を破ったり、舐めたりといった手荒なことは
あまりしなくなったので、しばらく遊ばせています。
あ...今見たら手帳が涎で濡れている。><
子供が産まれるまでは、子供にいたずらをされたとき
自分はどういう反応をするのだろうと思っていたけれど、
「わ~、お絵かきできるようになったの♪」。
買ったばかりの手帳で、丁寧に使っていたのだけれど、
娘の落書きは記念になるなぁなんて思ったりして、甘い母です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドアを開ける!

いろいろなことの関連性が一気に解ってきたようです。
今までは鍵を持ちたがるだけでしたが、鍵を持ってドアを叩いてみたり、
靴下を出してくると靴を持ってくる、
ベビーチェアを出すと食事だーと寄ってきたりします。
今日はついにドアノブに手を伸ばしてドアをあけました。
大人が開けるのをどこかでちゃんと見ていたのでしょうね。びっくりです。
以前から引き戸は開けられましたが、ドアを開けられるようになると
どの部屋にも入られるようになるのでちょっと困っちゃうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

on the table

Table 娘が口いっぱいにパンを頬張りながらも両手にパンを持ち、食べることに没頭しているようだったので安心してちょっとだけ目をはなしたら、その隙にベビーチェアを抜け出して...!! Σ( ̄□ ̄|
 
何もなくて良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お米バラバラ

お台所で遊んでいるなぁと思ったら、
ザラザラザラという嫌な音。
アチャー、お米がそこら中に! ><
とっさに「あーあー=3」とため息をついたら、
悪いことをしたと思ったのか泣きべそに。
怒る前に先に泣かれちゃうと、優しく
「次から気をつけようね~」となっちゃいます。

お米が散らばるなんて初めてのことだったので
掃除機で吸い取ってしまいましたが、
他に方法はなかったのかなぁ。
ちょっともったいない。
お米は幸いまだ半分は残っているので良しとしよう。
幸せ? いや、不幸中の幸い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜中の授乳

1歳を過ぎても夜はおっぱいを飲む娘。
栄養は食事で足りているはずなので、
昼間私が仕事で不在なための愛情補給といったところか。
寝る前と深夜・早朝で、娘が生まれてから1年余り、
お互いに夜通し寝たことがありません。
...が、やってみると、想像していたよりもいい感じ。
早寝・早起きでちょっとトクする感じすらしちゃう。
そして何よりもオッパイをあげるのが楽しいのです、私。
「興ざめ~(注:そもそも興なんてないじゃないか!)」と
言う声もきこえてきますが...。
平和のシンボルのような光景なのにねぇ。
娘にとってはもはや嗜好品ですが、
求められると母はうれしいぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女性活性化委員長になる

社内の女性活性化委員の委員長をすることになった。
ボランティアを募っていたのに手をあげたのが
きっかけだが、昨今の女性と企業の関係がわかって面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年3月 »