« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

まずはニューヨークへ

...退職して真っ先にやってきたのはニューヨーク。
到着してから時差で寝たり、起きたりでまだ一歩もホテルから外出して
いないのですが、チェックインのときに部屋をアップグレードしてくれた
ので、トイレが3つもあるセントラルパークを望む部屋は快適なり。

大人向けのホテルかと思っていたら子供向けのサービスが
充実していて感激しております。
Cribや、ベビーシャンプーなんていうのはどこのホテルでも
常備していてくれますが、子供用のバスローブが置いてあったり、
ホテルのロゴ入りバッグに、水とトランプとマンハッタンで
子供が楽しめる施設の案内が入ったものをプレゼントしてくれたり、
極めつけはこのホテル専用に編集されたUpper East界隈の子供向け
ショップやレストランのガイドブックが客室においてありました。
New Yorkは一通り知っているのですが、子供と一緒となると
どうしたものかと思っていたのでとても重宝しそうです。

今回は特に予定を立てていないので、秋のセントラルパークと
美術館散策をして過ごそうと思っています。
友達にもこれから連絡をして、会えたら会おうという程度。
リラックス、リフレッシュ。
メールをチェックしない、帰国したらあーして、
こーしてなどと考えなくていい、こういう休みが欲しかったのだ。
家族は疲れて寝ているけれど、コーフンして私だけ早起きしてしまった。
みんなが寝いてる間に、これからThe New York Timesの日曜版を読みます。至福。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽しい片付け

在宅2日目。早くもうれしい喜びで一杯だ。
娘が散らかすのを、追いかけながら片付けているつもりだが、
ときどき、あれこんなところに?!...という驚きがたくさん仕掛けてある。

早朝のダイニングテーブルの片隅: ルクルーゼのココットに南部鉄器の
ヤカンの蓋がして置いてあった。なぜかピッタリ。
夕食のあとはキレイに片付いていたのになぁ...いつの間に?

夜半に泣き出した娘: 慌てて駆けつけて背中をさすってやっていると
枕元にプレスクールでつくったカボチャのJacko'o'Lanternが転がっている。
さっき寝かしつけたときは気がつかなかったのに。そっと棚へ戻してやる。

最近娘は7時30分には寝るようになったので、仕事をして帰ってくると
寝顔しか見られない日が続いていた。
ベビーシッターさんが娘をよく見ながら家をキレイに
片付けてくれるのでいつも家は整然としている。
私だと目が行き届かないせいもあって、あちこちにかわいい
サプライズが一杯仕掛けてある。
見つけるたびに、一人うふふと笑ってしまう。

鏡を見たら、パアッと明るい表情の自分にびっくり。
迷ったけれど退社して、正解だったかも♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Open Office

会社のPCを返却したので、大学院時代のIBM T23と携帯用のJVC InterLinkが久しぶりに復活しました。客先へ行ってプレゼンをするようなこともしばらくはないので、自宅で大画面のT23を使うスタイルが定着しつつあります。T23は先日HDDがクラッシュして、新しいHDD@80Gを入れたばかりです。困ったときにサポートしてくれるIT部門はもうないので、大事に、キレイに使わねばということで余計なアプリケーションはほとんど何も入れないことにしました。

MS Officeをインストールせねばと思っていたのですが、今まで持っていたのは大学院時代に購入した2000のアカデミック版。新規に日本語版を買うと4-5万円になるし、何でもかんでもMSという流れに一石を投じるべく、StarSuitesでも買うかとも考えたのですが、お店まで行くのが面倒だったのでとりあえずフリーのOpenOfficeをダウンロードしてインストールしてみました。

使ってみた感想は、機能の名前がMSと違うのでやや戸惑うが慣れれば問題なし。初心者にとっては街中のMS教本をそのまま使えないという問題があるが、既に基本的なMS Officeの使い方を知っている人で、たまに自宅のPCで会社の仕事をする程度という人ならOpenOfficeで十分だと思えました。気になるMSとの互換性も、高度な機能を使い込んでいるパワーユーザならともかく、普通の機能しか使っていない一般的なユーザなら問題なさそうです。

フリーのOpenOfficeへの危機感のためかMSでは企業ユーザの従業員に安価でMS Officeを提供するHome User Program(HUP)を日本でも展開し初めているようです。勤務していた会社でも近々導入予定ということが離職日に社内アナウンスされていました。会社が自宅で仕事をするためのアプリとして買ってくれるならともかく、自分で安価で買えというのだったら福利厚生とは言えませんね。却ってOpen Officeに肩入れしたくなってしまうのは天邪鬼な私だけかしら? OpenOfficeがもう少し普及して、メールのネチケットと同様、MS/OO相互互換の機能でファイルを作成するのがビジネスマナーになったりするといいのになぁと、アンチMSを企む私です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デロンギのオイルヒーター購入

掛け布団大キライの娘。
タオル地のスリーパーを着せているが、寝入りばなに大汗をかくわりに、
明け方は寒くてこのところ風邪気味だ。
一人では寒そうなのが心配でこのところ毎夜添い寝をしていた。
そして昨夜は久しぶりに自分たちのベッドへ連れてきて3人で寝た。
パパは今日早速、デロンギのオイルヒーターを買って来てくれた。

配送しもらうのすらもどかしく、お店から直接持って帰ってきた。
倉庫から加湿器も出してきて、Vics Vaper Steamをいれ、
娘の部屋はちょっとした南国風。
ベタっとした感じだが娘は気持ちよさそうで、風邪の鼻には優しいようだ。
今晩はぐっすり寝られるといいね。

今度、温度計と湿度計を買ってこよう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

祝! 離職

兎にも角にも、手続き上はすべて終わって無事、離職できた。最後までバタバタ忙しくしてて、人事に入館証を返却したのは7時前。待たせすぎて担当者は退社してしまい、人事部長の人が処理してくれた。担当者のKちゃんは今日が誕生日だったそう。新婚さんなのに、待たせてごめん。

夜は相方と食事。ささやかながら祝杯。

寂しくなる~と言ってくれるのはありがたいけれど、私の気分は晴れ晴れだ♪私も今まで何人もの親しい人が辞めるのを見送ってきたので、「寂しくなるわ」と言ってくれる気持ちはホントだと思う。いつもいた人が、いないのはポッカリ寂しいものだ。辞めていく側の気持ちはもう次の季節に移っているから案外素っ気無いものだ。もうしばらくしたらじわ~んと寂しくなるのかな。

気持ちがダラケないよう気をつけねば。明日は、今後の事業のために必要な部材をヨーロッパへ発注すべくカタログを見に行く。そうだ、近々、名刺を作らねば。   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

退職。最後のお迎え

仕事帰りにプレスクールのお迎えに行ってきた。
いつもはシッターさんなのだが急用で都合がつかなかったため、
初めての延長保育をお願いして夕方迎えに行った。
6時までお願いしていて、5時ちょっとすぎ迎えにいったが、
もう娘しかいなかった。先生と二人で本を読んでいたようだ。
私が迎えにきたので、ビックリした顔をしていた。
自宅近くまで帰ってきたら娘がスーパーへ行きたがるので、
用もないけれど買い物をして帰ってきた。
働くママ風な自分に自己満足。

とはいえ、明日で会社をやめるのでこれが最初で最後だ。
娘は私が赤ちゃん連れで世界中に出張していたなんて、
覚えていないだろうなぁ。ふふふ。それでいいのだ。
半年ぐらい休養して、仕事を再開しようと考えている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

退職直前なのにバタバタ

今日は絶対水曜日までにやらねばならない事務処理を多々こなしていたら一日が終わってしまった。月次の報告書の作成や、引継ぎのための名刺整理(まだ終わっていない><)、退職関連の書類の記入(これから印鑑押さねば)、そして大事な経費精算。

明日、明後日と客先があるので最後の資料も作らねば~。プレゼンが終わるまでは気が休まりませぬ。

明日は、お世話になった人へのギフトを買いに行く!明日買わねば水曜日に渡せないじゃないか!

一番大変なのは、社内の同僚、お客さん、外部の知人に退職のお知らせと新しいメールアドレスをお知らせすることだ。いくつかのグループに分けて適切な文書となるとそりゃもう大変なのです。アウトルックの不在通知のメッセージも考えねば。水曜日の夕方にPCを会社に返却するまでにすべて終えられるか不安だ。
主に会社のメールアドレスをすべての用件に使っていたので、この期に及んでハンドルではなく本名っぽいメールアドレスをY!にて取得し、関係知人に連絡している。90年代半ばに入社したころは、niftyをやっている人はいても、インターネットをしている人は少なかったので便利な会社のアドレスをそのまま使ってきた。会社もインターネットの活用を推奨こそすれ、私用メール禁止みたいなことなかったしね。

社内、友人、知人はクリアしたので、あとはお客さんだけだ。これは個別に後任とか書かなきゃいけないから面倒だなぁ。うー。

グループ電話から直通電話、携帯電話とより個人を特定した連絡手法に変わってきているのだから、情報セキュリティの問題とかもあるのだろうがメールアドレスもポータブルにならないかなぁ。巨大な名刺サーバがあって、そこの情報を常に参照しに行くなどすれば、担当者を探しているなら常に最新の人へ、個人をさがしているなら異動しても新しい連絡先がわかるなんてダメだろうか。

今日、明日は久々に徹夜仕事になりそうだ。
こうなるともう一刻も早くPCを返却してホッとしたい。(T T)
でもPC返却したあとも電話会議が入っている...orz

27日から休みだ~なんてのんびりしていた罰だ。
これから会社を辞める皆さんは用意周到にされたし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

賃貸なのに落書き...orz

Graphiti いつかはやると思っていたのだが... ∑(゚□゚;)

私の母がキッチンにいる隙に落書きしてしまったらしい。

...賃貸なんですけどぉ。・・(゚_゚i)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガーン! 確定拠出年金と退職金

個人的には反対をしていたのに、勤務先で確定拠出年金(DC=defined)の導入が決まってしまった。DCの詳細はわからなかったが、会社が社員のためといって強引に推進することに良いことがあるはずがない。人間こういうことは直感的にわかるものである。

DC導入により、退職金の半分が移換金として確定拠出年金にいれられて60歳まで引き出せないことになってしまった! (号泣) 年金運用トレーニングに参加してわかったことだが、会社をやめると600近くあるDC取り扱いの金融機関の一つと個別に契約して、年間5000円から8000円程度の管理費を自分で払って運用を続けねばならない。転職先にDCがあれば継続できると言うが、日本でたった5000社しかまだ導入していないのにポータビリティなんてないに等しいではないか!

運用次第で5%-7%の高利回り...という眉唾もののふれこみだったが、あけてみたらTOPIXやマーケット連動型のインデックス・ファンド4つ(日本株・外国株・日本債券・外国債券)しか選択肢がない! こんなことで大丈夫なのか私の老後?いつも売上は市場の成長を2割り上回れというゴールを社員に与えているのに、年金は市場連動型とはどういうことだ。社員に定年になるまでウィークリー・トレーダーをやれというのか?

人の老後の資金を20年間も金融資産に"しか"投資できないよう固定するってどういうこと? これからは時間もあるので、TOPIXと保険の往復だけで、マメに売買してやるっ!!保険はいざというときに1.1倍の年金が出るそうだから元金を休ませておくにはちょっとお徳かと。   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

待ちぼうけ

仕事で帰宅は19時20分。
ちょうど寝かしつけているころだろうとそぉーっと家に入る。
10分ほど前に寝室に入ったのだろう。子守唄のCD3曲目だ。
19時30分ちょうどにシッターさんが部屋から出てきた。
「もう寝たの?」と聞くと、まだ起きているらしいという。
「寝んねよ」と言って部屋を出ると泣きだすので、
「ご本をとってくるから待っててね」と言うと
お人形さんで遊びながら待っているらしい。
そして5分ぐらいするとそのまま待ちくたびれて寝ちゃうのだって。
確かに、シッターさんと雑談をして彼女が帰った
19時37分に部屋を覗いたら、エルモを抱っこしながらもう寝ていた。

待ちぼうけしながら寝ちゃうなんて、ちょっと切ない。
本人は疲れてコロンと寝ちゃったのだから、親ばかだ。
楽しい夢を見てね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シュレッダー

今日は会社のイベントで講師をやった。持ち時間が短かったのが残念だが、得意ネタだったので気分爽快。お客さんへのアンケート結果が気になるが、兎にも角にも雨の中100名以上の方が聞きに来てくださり最後の記念にいい舞台となった。大きなイベントなので気がかりだったのが終わって、やっと片付けを始める気になった。

最終月。仕事もセーブして余裕だわ...と思っていたらとんでもない。11年も勤めた会社。発つ鳥跡を濁さず...かっこよく締めようと思うと意外と忙しい。いつかやろうと思っていたことを終にやらねばならないということも多く、ヤボ用に追われている。こんなはずじゃなかったのに!びっくりだ。

私物はほとんどないのだが、個人保護法で厳しくなった廃棄書類をシュレッダにかけることにした。弊社では、お客様からもらった名刺もシュレッダなのだ。会社の看板のおかげで大企業のえらい人にいっぱいあったことがよくわかる。銀行、証券、生損保、自動車、電機、食品、スーパー、精密機器...各業界の上位2-3社のIT関係の役員や部門長はほとんどお目にかかっている。有名な社長さんも数名。次に多いのが外資系ITベンダ。ITバブル前夜からIT業界にいるので、業界史のような名刺がバラバラ出てきた。見る人が見たら面白かったと思う。これから接点があるとも思えないし、一応データベースにも入力済みなので、いちいち選り分けるのも面倒だったら結局、全部シュレッダにかけてしまった。スッキリ。掃除をするときは手際よいのだ、私。

今日はパートナーが車で会社の近くへ迎えにきてくれたので、大きな額に入った写真を持って帰った。あとの私物はみな小物なのでおいおい持って帰ればよいだろう。

出直しというか、仕切りなおしというか、少し片付いた机はすがすがしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

午後7時30分ご就寝!

ベビーシッターさんに、午後7:30にはベッドルームへ連れて行くよう
伝えて出社。よりによって、午後7:35に帰宅してしまった。
そーっとドアをあけると娘の部屋から出てきたシッターさんと目が合う。
たった今、部屋に置いてきたそう。
耳をすましていると、壁をゴニョゴニョ触る音。
しかし5分もしたら静かになってしまった! ブラボー!!

娘は、シッターさんだと、ちゃんとご飯を沢山食べて、歯を磨いて、
つめを切ってもらって、鼻まできれいにしてもらう。
ベッドにおいて寝んねと言えば、ひとりで寝ることも出来る。
私だと全部大騒ぎなので凹むこと多々。
母親と思って甘えているのだと思うようにしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

即席の子供部屋完成

夕方、突如思い立って娘の部屋をつくり、今晩から娘は一人で寝ている。
今までは3人で寝ていたのだが、夜私たちたちがそおっと娘の寝ている
ベッドに潜り込もうとすると必ず起きてしまう。
朝までぐっすり眠れないのがかわいそうで、オーディオルームだった部屋に、
マットレスを床置きして娘のベッドルームを即席でつくった。
一人で寝ることに慣れてくれたらちゃんとした子供用ベッドを買ってやろう。

マスターベッドルームに、ソファやテレビやらを持ち込んだので
少々手狭だが、抜き足差し足しないで暮らせるのは快適だ。
毎夜娘に激しい蹴りを入れられていたパパはことのほか喜んでいる。

子供が生まれても親子別室にしようと考えて出産前にベビールームを
用意していたのだが、いざ生まれてみたらかわいくてかわいくて
自分たちのベッドに連れ込んでしまって今日まで過ごしていた。
自分はいつまでも一緒にいたくて子供離れできないのではと心配だったが、
「娘がぐっすり眠れるように別室に寝かせてやろう=>娘のため」
ということは、驚くほどほどすんなり受け入れられて
即行動に移してしまった。あっけなかったな。

小学校を卒業するまでの間は、夜7:30には自分の部屋へ行き、
8:00になったら消灯して寝るという生活習慣を身につけさせるのが目標だ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初めての「ママ!」

今朝、初めて「ママ~」とお呼びがかかりました。(^^)
「パパ」とか「ワンワン」は随分前から言えるようになっていたのだけれど、
「ママ」と言えるようになったのはつい2週間ほど前から。
ベビーシッターさんが一生懸命教えてやっと言えるようになったのだ。
...とはいうものの私の服や、持ち物を指して「ママ」というだけで
本人に呼びかけてくれることはなかった。

今朝は、早く起きて本を読んでいたら寝室の娘が起きて、
いつもは泣くところを「マッマッマッマッ」と。
泣いていたときは、「このまま泣き止んで寝ないかな~」なんて
しばらく様子をみていたですが、ご指名じゃあしょうがない。
呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーン。嬉しくて飛んでいきましたよ。
娘は私の顔を見るとニマ~としていました。

これからは「ママ~」と呼ばれることが増えるのかな。
まだ慣れないので、嬉し恥ずかし、ちょっと照れます。
煩く思うときもあるのだろうけれど、
今日の気持ちを忘れないようにしよう。....なるべく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »