« 続...壊れたJPGファイル | トップページ | 初の試算表! »

すてきな森のようちえん♪...で公共の自然を考える

NAFA子育て環境支援センターが主催する「森のようちえん」へ家族で行ってきました。半袖姿が気持ちよいGW日和となり、森林公園のようなところで、お花摘みをしたり、ふかふかの枯葉で遊んだり、ロープの即席ブランコを木にかけてこいだりして、楽しい一日を過しました。こうして書くとたわいもないことですが、指人形の寸劇があったり、野の花の名前を教えていただいたり、ダンボールやロープなどの遊具が事前に遊び場に置いてあったり...と自分たちだけでは出来ないことが沢山ありました。特に感激したのは、大きな望遠カメラを持ったカメラマン2人が地あちこち走り回る子供たちを追いかけて面に這うようにして写真を撮ってくださったので、自分のデジカメのことはすっかり忘れて子供の笑顔を生で見ることができたことです。親も熱中して遊んでいたので、きっといいスナップが沢山撮れているのではないかと楽しみです。

さて、小さな子のお花摘み遊びについてコーディネータの方から下記のようなアドバイスをいただきました。

  • 人が育ててる花は盗らない。
  • お花摘みをしていいのは野草が沢山咲いているときだけ
  • 一人で全部摘んでしまわず、後から遊びに来る子供の分を残しておく。

公園にはタンポポやぺんぺん草、黄色いヘビイチゴの花などが絨毯のように沢山咲いていましたのでそれらを摘んで遊びました。もっとも娘は小さな花かごに枯葉ばかり詰めていましたが...。とはいえ、都心へ帰ると花摘みはなかなかさせられないですね。私が子供の頃はツツジの花を甘ーいと噛んだ記憶があるのですが、都内のツツジはどこもきれいに管理されていますし、タンポポもわぁこんなところに咲いているという感じですから摘んでしまうのが憚られます。花泥棒は立派な泥棒です。自然という言葉が持つ誰にでも普遍的に身近に与えられているようなイメージとは裏腹に、都心の自然は誰かが所有管理しており、他者はそれを愛でても触れてはいけないものです。娘は祖母と毎週花を買いにいったり、マンションのベランダでひっそりと草花を育てていますが、これでは他人と自然を分かち合うことにはならず、なんとも味気ないなぁなどと思い至った一日でした。

|

« 続...壊れたJPGファイル | トップページ | 初の試算表! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/89555/1627038

この記事へのトラックバック一覧です: すてきな森のようちえん♪...で公共の自然を考える:

» 子供のイベントカメラマン [まーまの日々是幸日]
4月30日のブログで触れた「森のようちえん」でプロに撮ってもらった写真がウェブに [続きを読む]

受信: 2006年5月11日 (木) 13時00分

« 続...壊れたJPGファイル | トップページ | 初の試算表! »