« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

いよいよ始動

やっと事業予定地が決まり、今日入居費用を振込みました。オンラインで電気・ガス・水道の申込完了。106で、電話の移転とADSLを手配。各種保険の申込の段取りも整い、外箱の準備ができました。

お金を振り込むまでは精神的に緊張していましいたが、大きな支払いが終わったので度胸が据わりました。

いよいよ始動です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古着のリサイクル

古着のリサイクルを受付てくれる団体を見つけました!
日本ファイバーリサイクル連帯協議会。古着は国内ではなかなか引き取ってもらえないのですが、こちらでは受け取った古着をパキスタンに送り現地で販売してその収益で学校運営をしているそうです。

毎シーズン娘が着られなくなる服が沢山出るのですが、子供の歳が同じママ友はいても、ちょうど子供が1歳離れていて、服の趣味も似ていて、古着でも欲しいと言ってくださるお母さんを探すのは大変です。地元の掲示板に「譲ります」と書いてもタダはやっかいと思うのでしょうか、どなたも貰ってくださらないのです。とはいえ、小さなかわいい服を捨てるのは忍びなく、ヤフオクに出品するとそこそこの値段で売れます。でも、写真を撮って、コメントを書いて、質問に答え、個別に梱包して、送料を調べて...とやるのはなかなか骨が折れるのでどこか寄付できるところをずっと探していたのです。

地球の裏側で、娘の服を喜んでくれる親子がいたら嬉しいです。
我が家にはまだまだ不要になったおもちゃや家具があるので早く第二の家を見つけてやらねば...。まだ使えるものを捨てるのはバチがあたりそうでなかなか出来ないのです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ビュッフェで料理デモ

水泳教室の後で、シェラトンホテル内のグランカフェのランチ・ビュッフェに行ってきました。今月はエスニックがテーマだそうで、アジア各国のサラダやカレーのメニューが多く、いろいろつまみぐいしてきました。

12時からシーザーサラダ作りのデモンストレーションがあり、何をするのかと思っていたら、お料理教室のようにレシピを配って目の前で作り方を公演してくれました。作る人は無言で、シェフとアシスタントの人が横でしゃべるという配慮も良かったです。13時からはデザート作りのデモンストレーションもあるようでした。

本来ビュッフェはあまり好きではなかったのですが、最近は野菜を沢山食べられるのでビュッフェに行くことが増えました。わざわざ料理教室に通う時間はありませんが、お稽古で毎週くるので、こういう遊び心がある企画があるならまた来てみようかなぁという気になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土星の試練

普段、雑誌の占い記事は読み飛ばしてしまうのだけれど、子供特集があったのでひさしぶりに買ったHanakoの占いを読んでみました。曰く、「土星がもたらす試練に試されている時期。友達が喜びと役に立つ情報を持ってくる。」申し込みをする物件をことごとく断られてメゲソウになっていたのですが、運命と思えば諦めもつきます。

確実に借りられる物件があっても、より良い物件があればダメもとでもそちらに申し込んでしまうのが敗因なのですが、子供たちが長く時間を過す場所を妥協することは出来ません。凝り性の私は妊娠してから子供が2歳になるまでの間に5回も引越しをしていますが、事業用施設はそう簡単に引っ越すわけにもいかないので、ビビビっとくるものでなけばなりません。いい物件は入った途端にそこで生活する子供たちの姿がパァっと想像できます。良い物件ゆえに、家主さんも事業用でなく住居を望んでいる場合が多いのが残念です。ちょっと妥協して申し込んだ物件はOKがあればご縁があったということでと思えるのでしょうが、断られると少しホッとしたりもします。もうここまで来たのだから焦らずに、いい出会いを待ちましょう。

試練の2週間だそうなので、月末に期待します。この間友達が私を支えてくれるそうなので、どうぞよろしく...orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

言語の発達

娘2歳半。プレスクールとシッターさん、ついつい英語で話しかけてしまう私のせいで娘の生活は8割りぐらいが英語です。まだ間違いが多いのですが、冠詞や複数系、動詞の変化など英語独特の文法で話すようになってきました。4語で話したり、and, thenで言葉をつないで長い文章でしゃべったりもします。"It's a baby", "I see many children", "Can you put me?"など。

You と I/meは混乱しています。いつもAre you?と話しかけられるので、自分のことはyouだと思っているようです。"Can you...?"といっていても本当は"Can I...?"と言うべきときがよくあります。本人がストレスにならないよう少しずつ訂正しています。It's xxx'sとは言えますが、It's mine.とはまだ言えません。

風邪を引くとヤクルトにこっそり薬を入れて飲ませていたのですが、今日おままごとをしているのを見ていたら、"I put juice and then medicine. Mix then drink!"とか言って遊んでいました。知っていたのね。(汗

Baby Talkは英語を母国語とする子供の言葉の発達が月齢ごとに細かくわかるので参考にしています。発達に応じたお勧めのおもちゃや本、遊び方などものっていてバイリンガル教育に関心のある方にはお勧めです。邦訳も出ているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

活躍する女性たち

最近自分の知人の女性たちが大活躍しています。先日書店で女性のキャリアコーナーに立ち寄ったところ、平積みされている本のうち4冊がそれぞれ別の知人の著書。ウェブを見ていたら出産のときにお世話になったコンサルタントの方が、all aboutで連載インタビューされていました。彼女たちの本職は会社員だったり、会社経営者だったり、フリーだったりです。

社会人になってから知り合った人は圧倒的に男性のほうが多いし、仕事がら立派な肩書きの人とも仕事をさせていただいたけれど、彼女たちのように組織を離れて個人でも活躍している人はほとんどいません。何が彼女たちを駆り立てるのでしょうか。

思うに優秀ゆえ男性社会の壁を敏感に感じ取って、組織には期待できないと感じるところがあって、彼女たちを自立させるのかもしれません。組織のために滅私奉公しても女性は報われる可能性が男性よりも少ないのでそこで"滅私"してしまわずに、自分の身につくことを着々とやってリスクヘッジするのではないかと思うのです。男性と比べて長い老後を楽しく生きるためのDNAが織り込まれているのかもしれません。

大学を卒業したときの友達はみなOLとサラリーマンだったのに、15年以上たった今、私自身が何か特別なことをしたわけではないのに、女性たちの生き方はとても面白く変化しました。何かをしようと思ったときに様々な分野で専門のノウハウをもった彼女たちは本当に頼りになります。組織を離れてパッと行動してくれるのも心強い。若かりし頃、雑誌クロワッサンに出てくるのは自分には縁がない特殊な中年女性ばかりだと思っていましたが、あと5年もすると案外と身近な雑誌になっていそうな予感がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

個人型確定拠出年金

以前の勤務先が企業型確定拠出年金を導入していたため、退職金の一部は60歳になるまで受け取ることができなくなってしまいました。退職後の移管先をどこにするか迷っていたのですが、イー・トレードに決めました。国民年金基金のHPで運用機関一覧をざっと見たのですが、ウェブに運用商品や運用手数料を掲載している会社はごくわずかで、ほとんどの企業は詳細はコールセンターに問い合わせなければならないようで今後の取引がやっかいそうだなぁという印象でした。そのような中で、イー・トレードは管理手数料無料で、投信の種類も豊富、何よりもオンラインで簡単に取引できそうなのであまり他との比較もせずに決めてしまいました。

確定拠出年金専用のファンドや保険商品って誰がどう決めるのでしょうね。自己責任といわれるほどの自由な選択肢がなくて不服です。とはいえ、ここ数日日経平均が下がっているので、ファンドを買うにはいいかもと気を取り直して再スタートをしようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

浴衣あれこれ

葉月笙子先生についてきもの文化について習っています。先生曰く、「浴衣をクリーニングに出すのはみっともない」のだそうです。きものの類は何でもクリーニングへ出しちゃえばいいと思っていたのでちょっと驚きです。浴衣は肌着のようだから、何でも外へ出すのはみっともないということなのでしょう。先生がお若い頃の時代の、浴衣の始末について教えていただきました。

  • 毎年5月ごろ、お母様が家族全員の浴衣を新調される。
  • 水を張ったたらいに浴衣地を数時間つけて縮ませる。
  • 縮んだ浴衣地をピンと張って乾かす。
  • 乾いた浴衣地にアイロンをかけ、裁断する。
  • 高校生ぐらいからは自分で浴衣を縫わされる。(先生は脇などはこっそりミシンで縫っていたそうですが、全部手で縫うようにと叱られたそうです)
  • 浴衣は毎年新調し、古くなったものは、寝巻き、解いてオムツに、縫って雑巾に...となったそうです。近所に妊婦さんがいると、オムツ用に寝巻きをくださいとタダでもらいにくるような時代だったそうです。他所のお宅に何かをもらいにいくなんて現代ではちょっと考えられませんが、使用済みの浴衣の行く末は雑巾だからあまり価値がなかったのかもしれませんね。

浴衣の洗濯の仕方

  1. 洗濯をしたときに襟がゴワゴワしてしまわないよう、襟の部分を簡単にしつけ縫いをする。
  2. 浴衣を畳んでネットに入れ洗濯をする。
  3. 洗面器やタライに水を張り、糊やご飯の残りを晒しに包んで水に溶き、浴衣を浸けて糊付けする。
  4. 畳んでネットに入れるか、タオルにくるむなどして脱水する。
  5. 物干し竿に浴衣を通し、両手でパンパンと叩いて小じわを伸ばしながら形を整え、日陰に干す。(日なただと日焼します)
  6. 乾いたら生地の裏側からスチームアイロンをかけ、畳む。

先生のお宅に昔下宿していた学生さんは、夏のアルバイトで3枚の浴衣を毎日着まわしていたら夏の間にすっかり浴衣の洗濯が上手になったそうです。

大人の浴衣
竺仙(ちくせん)」の伝統的な柄ゆきは大人の女っぼくしっとり艶っぽく着たいです。藤娘きぬたやの絞りの浴衣はゴージャスで大胆な柄ゆき。糸の番手が細いので軽く、ふわっと柔らかい感じがします。

きもののあれやこれやを身に付けるのは大変だけれど、浴衣ぐらいマスターして生活に取り入れてみたいなぁと思っています。去年、一昨年と浴衣を新調したのですが、まだ袖を通していません。今年は思い切って、週末の夜ぐらいはいつも浴衣で過してみようかなと考えています。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

早速駐禁

Sdscf2511 今朝娘をプレスクールに送りに行ったら早速指導広報ステッカーなるものを頂きました。本物の駐禁は機械印刷したステッカーが貼られるそうなのでこれはまずは、これは本来なら駐車違反ですよという警告ということのよう。朝から不愉快な気分ですが、これで指導員の朝の移動ルートが掴めそうなので良しとしましょう。

いつもならプレスクールに近い交差点側に車を止めるのですが、今日は敢えてチケット式のパーキングに車を入れたのが裏目に出ました。入庫は8時55分。9時になるまでスティカーは購入できませんので気になりつつもそのままプレスクールへ。指導広報ステッカーの時間は9時6分。当方が指導員と行き違いに車に戻ったのが9時8分頃。プレスクールの近くに止めていたら5分ぐらいの停車で車を発進できたのに。

ちなみに指導広報ステッカーには「最初にチケットの発給を受け掲示してください」とありますが、これは揉めるそうですね。発券機のすぐそばに車を停められればよいけれど少しでも離れていると子供連れだとすぐに5分10分かかってしまいます。足腰の悪い人も時間がかかりそうです。チケット式パーキングをよく利用する人は「今チケットを買いに行っていますが、足が悪いので戻るのに時間がかかります。 x時x分」みたいなのを表示して自衛を試みるしかなさそうですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

コンビ・ヌークと歯並び

横浜市の6歳になる少女と母親がコンビに、ドイツメーカが開発し、コンビが輸入したおしゃぶりで歯並びが悪くなったり受け口や口呼吸になったということで1000万円の損害賠償を求める訴訟を起こしたそうです。

少女は生後2ヶ月から1歳まで一日約15時間おしゃぶりを使用していたそうですが、生後3ヶ月から1歳ぐらいまでヌークの乳首でミルクを飲んでいた娘も受け口気味です。2歳4ヶ月の今は大分よくなってきましたが、2歳ぐらいまでは下の歯の方が前に出ていました。下の歯は歯間がせまく、ちょっと乱杭歯気味です。

乳首を選ぶときにいろいろ調べたのでヌークが受け口になるという噂は知っていたのですが、母親の乳首により近くて吸うのに力がいるのであごに力がついて良いということでヌークにしました。生後3ヶ月で初めて哺乳瓶にしたとき、いろいろな乳首を試してシリコンのヌークしか受け付けてくれなかったというのもあります。

普通の人は舌の先を上の歯の裏のあたりにつけて口の内部を真空のようにして口をギュッと閉め鼻呼吸をするそうです。気になって娘の寝顔を見てみると、昔はキュッとしまっていたのですが、最近は口開いているなぁ。

区の歯科検診に行くと歯並びは永久歯が生えるまで気にしなくていいというのですが、放っておいても直ることはないらしいので、近々、矯正歯科に連れて行ってみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »