« 不正決算はできない? | トップページ | Core vs Context »

働くのは誰のため?

>仕事に熱中してしまう私。母親失格だと自己嫌悪の日々。
>私は自己満足のためだけに仕事をしているのだろうか。
>そのために家族を犠牲にしているのだろうか。

私も生活のためや子供の学費のためというのであればやむを得ないことで子供にとってもプラスと思えのるだけれど、自分が働かなくても暮らしていけるのにバリバリ働くのはどうも後ろめたい気がしていたのは私だけではないようです。

もしも自分が納得して仕事をやめる、減らすということが出来れば、一番いいことかもしれません。でも自己実現の間で悶々としている人も多いのではないかと思います。子供がよい環境で保育されていたら少しでもそういう後ろめたさがやわらいで、気持ちよく仕事ができるのではないかなーと思ったのがこの仕事を始めるきっかけの一つでした。

"子供を持ちながら働くことへの後ろめたさ"があるので、女性が社会でどんどん活躍するには、単なるChild Careではなく、その活躍にバランスしたQuality Careが非常に重要だと考えています。働ければ働くほど子供への犠牲が増えると仮定すると、自分が働かなくても生活に支障がない女性が心置きなくバリバリと働くには、働けば働くほど質の高いケアが必要になり、それがない場合、常に自分のキャリアと子供のどちらを犠牲にするかを天秤にかけねばならなくなります。

子供の犠牲の部分をなるべく小さくする...そんな場にできたらと思っています。

|

« 不正決算はできない? | トップページ | Core vs Context »

コメント

おっしゃる通りですね。
特に日本は、まだまだ子供を預けて仕事をすることに対し、罪悪感を抱く必要があるような風潮がありますものね。

クオリティの高いケアをしてくれる施設がどんどん出来ることも大切ですが、メンタリティの面でも、もっと、もっと女性が働きやすい方向に変わっていくといいですね。

投稿: Rumi | 2006年9月28日 (木) 01時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/89555/3460513

この記事へのトラックバック一覧です: 働くのは誰のため?:

« 不正決算はできない? | トップページ | Core vs Context »