« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

ハロウィーン

去年はマンハッタンで黒猫にさせられた娘。今年は自分の意思で魔女になりました。去年と同じ黒いシャツ・スカート・ストッキングに今年は帽子とホウキを追加。私も娘の通うプレスクールでフェースペインティングのボランティアをしたので、黒いシャツ・パンツ姿に去年娘が使った猫耳と尻尾と万事お手軽にすみました。

市販のかわいい衣装が沢山あるのにどうも買う気になれない私。というのも20年以上も前に自分が子供のころ経験したハロウィーンは、「何になろうかな?どうやってなろうかな?」といろいろ工夫してなるものだったからです。キングサイズの枕カバーを紅茶で染めてインディアンに変装した友達、ダンボールで牛乳パックのような形のものを作ってMinuiteMaidのオレンジジュースになった弟。アイデア次第で何にでもなれたのでした。欽ちゃんの仮装大会に近かったかもw...そんなわけで、市販のキャラクターの中から気に入ったものを選ぶという気になれないのです。こんなことでは今に娘に古いと怒られてしまいそうですね。

Happy Halloween!

| | コメント (1) | トラックバック (1)

七五三

大安吉日。七五三をやりました。写真がメインと思っている私と、神社が肝心と考えている家人とで段取りでちょっと揉めましたが、結局娘の都合を考えて、美容室、写真、食事、神社ということになりました。

1月生まれの娘は現在2歳9ヶ月。少し会話が通じるようになったので数えの七五三はちょうど良い感じでした。写真撮影はじっとしてくれなくててこずりましたが、ヘアメイクや着付け、ご祈祷のときはなんとか言うことをきいてくれました。

娘の着物は宝尽くしの柄の小紋風なので、7歳になるまで活躍してくれそうです。

お宮参りのときはお給仕さんみたいになってしまったので、今回は帯を新調し、ヘアメイクと着付けも美容室でやっていただきました。プロの着付けは最初は息苦しく感じて不安でしたが、しだいに鳴れて一日中着崩れず気持ちよかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

言葉いろいろ

夏を過ぎて、沢山おしゃべりしたり、歌を歌えるようになった娘。機嫌のいいときはいつも歌っています。語彙が増えると同時に言い間違いも多くて、毎日楽しませてもらっています。

僕らの入れ歯 土の中♪...って、エッ?何それ?と思っていたらヤマハ音楽教室の教材の曲で、「もぐらの家は つちの中♪」のことのようです。面白いので何度も歌わせていますwww

"よみて~"、"よみた"は"読んで"、"読んだ"のこと。"見る"と関係があると思っている見たい。

買い物へ行くと、「触っちゃダメよ。見るだけ、見るだけ」と言い聞かせているので、私が商品を手にとって見ていると、「見るだけ、見るだけ」と怒られます。ハイ、すみません。

昔は仕草そのものがかわいかったけれど、今は少しは会話が成り立つので、ああいう考えでやっているんだなとか、あれをこう勘違いしているのだなという思考のプロセスが愛らしくて見ていて楽しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

予想外

去は堀江モンの「想定の範囲内」が流行語大賞になったけれど、孫正義の「予想外」もイケるのではないかしらん。昨日のプレスリリースで「予想外=0円」のパネルをぴったり顔の横に持ち、ポスターのような写真を取らせるあたりうまいなぁとしきりに感心。

この2日間どこも取り上げているのはSBの料金プランばかり。他の携帯のタリフはよくわからない私にも、とりあえずSB間の通話は無料で、他社より安くするということだはけよくわかった。インフラを考えたらFOMAだと思うけれど、そういうことが一切伝わって来ない。これから各社がどういう反撃に出るかが楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子供部屋

かわいい子供の家具を探すのが好き。末永く使えるものをという考えもあるけれど、娘が家にいる間は、夢一杯で過ごせるような空間にしたいと思っています。我が家は賃貸なので壁は真っ白。せめて子供部屋はヨーロッパ風の明るい色使いにしてあげたいなといろいろ探しています。最近気に入っているサイト:

Strawberry Kids: http://www.ichigokids.com/index.html

Vibel: http://www.vibel.jp/

Moll System: http://www.mollsystem.jp/moll/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーバースペック

求人広告を出したところ、ときどきびっくりするような高学歴の人から応募が来ます。オーバースペックというのは、言葉では知っていました。低い賃金で高い能力を持った人を雇えたらラッキーじゃないかと思っていましたが、いざ自分が雇う側になると、周囲とのバランスを欠くのでそういう人はなかなか採用できません。他に仕事があればそれを紹介したいぐらいですが、そういう規模の会社でもありませんし。民間学童という仕事をしていると教職関係の方の応募が多く、どなたもとても生真面目で丁寧な履歴書を送ってくださるので、オーバースペックな応募者の皆様に恐縮する日々です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風邪の季節

通ってきている女の子がこの二日間お休みです。子供のための施設に子供がいないのはなんとも寂しいものです。早く元気になって通ってきてれくれますように。

最近身辺で肺炎とか結核という言葉をよく耳にします。季節の変わり目だと、ちょっとしたことで咳きが出たりします。私と娘も風邪気味でお医者さんでお薬をもらいました。肺炎という言葉を聞くと、大変な病気で感染していないかすぐにでも検査をしてもらいたいように思うのですが、お医者さんに相談するとマイコプラズマにも効くという抗生物質を出してくださり特に検査はなしでした。普通の風邪のように治ってしまう人もいれば、こじれて肺炎になる人もいるのでこじれなければ念のために抗生物質を飲んでおけばよいという判断のようです。うがいや手洗い、健康的な生活をしていてもかかるときはかかってしまいますよね。なにか決定的な予防策はないものでしょうか。

小学校から大学まで皆勤賞という友達がいました。子供のときはフーンと聞いていましたが、今改めてとてもすごいことだと思います。寒くなる季節、どうか無事に乗り切れますよに。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

まるたか

「まるたかさん?」とよく間違い電話がかかってきます。聞けばマッサージチェアの会社らしい。新しい電話番号がわかれば教えてあげるのに、どこの会社なのでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国際ジャーナル

国際ジャーナルという雑誌から取材の申し込みがあった。何でも大阪からタレントの大沢逸見さんと取材に来るという。ありそうだけれど、見たことも聞いたこともない雑誌だなぁと思いどんな雑誌かと調べてみた。発行部数3万部。1冊1,500円。

どんな思想の雑誌なのかとさらに調べてみたら...。いろいろググッてみて私はお断りしました。電話番号や設立年月まで調べて連絡をくれた自称記者さんはスゴイ。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

はらぺこあおむし

朝食にクロワッサンを食べました。バナナを食べていた娘が、「それあおむしの本に載っている!」 食べものは沢山出てくるけれど、たしかパンはなかったと思うけれどなぁ。はらぺこあおむしの本を持ってきた娘にせがまれて本を読んでやったら、最後のさなぎになるところで、得意気に「これおんなじ!パン!」だって。確かにクロワッサンに見えなくもない。朝から楽しい気持ちになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寝顔

最近は帰宅が遅く8時過ぎなので、7時30分に寝る子供の寝顔ばかりです。会社勤めをしていたときは自分で寝かしつけ、会社を辞めてからは一緒に夕食を食べていたので娘には不憫させています。

以前はたまに遅くなるときは娘を起こさないようそーっと帰ったものですが、今は娘が足音で目を覚ましてしまうのが嬉しく、騒ぎはしないけれど普通にバタバタと帰宅します。娘が部屋から出てくるとシッターさんが一瞬固まっています。自分が寝かしつけをしていた頃は家人がバタバタ帰宅するとせっかく寝かしたのに!と怒っていましたが、今は仕事から帰って動く娘を見たい気持ちがよく解ります。

一度起きてしまった娘には、もう一度本を読んでやって一緒に寝ます。本を読んでやっていると、なんともいえない幸福感でこちらのほうが先にウツラウツラしてきて「ママおっき」と怒られています。(- -;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

取材を終えて

まずはカメラが大嫌いなのに協力してくれた会員の生徒さんと、開業してから1ヶ月、平日はほとんど寝顔しか見ていない娘に感謝です。こちらの意図を一生懸命に汲もうとしてくださったAERAの崔さんとNHKの記者さんにも感謝しています。

いろいろな友人・知人から見たよ~と連絡をいただけたのは嬉し(60%)恥ずかし(40%)です。ありがとう。

AERAもNHKもとてもよく編集していただいたのに、当事者としては反省ばかりです。テレビと雑誌の違いもよくわかりました。

まずテレビ。ビデオに撮られることに馴れていない世代なので、テレビの中の自分はカセットテープ(古!)で聞く自分の声みたいな違和感がありました。私個人としては自分のビジュアルなインパクトの方が強く(=二重顎とかショッキングな映像でした(泣))、放送を見ている間ずっと緊張していたこともあり肝心な内容はうろ覚えです。思ったより短くサラッと流れてくれたことにホッとしていますが、番組終了後に一件、英語なんて本来必要もないことを教えるのがいいことのように公共放送で喧伝するのはけしからんというメールを会社宛にいただきました。そういう意見もあるのだろうと真摯に受け止めますが、そのように伝わっていたのでしょうか? なんといっても番組を冷静に見ていなかったので、皆さんの感想をお聞きしたいです。
もっと客観的に番組を見なければと思うのですが、見たら自分の姿に落ち込みそうで録画はしばらくは見られないだろうなぁ。なんだかんだ言って自意識丸出しで一人でコーフンしている自分が一番恥ずかしい。また機会があるかどうかわかりませんが、場数を踏んで馴れなければいけませんね。

反対に雑誌は、他人がネーム付きでまとめた文章という無責任な安心感からか行間まで何度でも読んでしまう卑怯者の私。 まず私が半日かけてダラダラと説明した話を800字以下に過不足なくまとめていることに驚きました。そしてそれらを「ふつうのおうちの贅沢」と一言で表現するに至ってはさすが言葉のプロと感心しました。他は完璧なのに、一点だけ気になっているのは結びの「20万円でも30万円でも出す人はきっといる」という部分です。私が言った言葉なのだけれどこうして文章で見るとまるでボッタクリのようでちょっと戸惑いました。言いたかったのは、「今はお金があっても子供の放課後についての選択肢がほとんどありませんが、高いお金を出してでも理想の環境で子育てをしたいと願っている親はきっといる」ということです。かつての私のように理想の放課後保育がないために子供の生活や仕事の質、または自分のキャリアを犠牲にしていると感じているワーキング・マザーは大勢います。

今回、環優舎の知名度があがったのは嬉しいことですが月額20万円という金額だけが一人歩きしてしまったことは否めません。少ない紙面や放送時間では十分に伝わりませんでしたが少数の会員に多くのスタッフ、安全な食材、感性を育むこだわりの品々、そして何よりも会員の方々の満足度を重視しています。興味をもたれた方には、ぜひ一度見学にきてその価値を確かめにきてください。お待ちしています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

お月見団子

今日は近所の花屋さんでススキを買ってきて、お月見団子つくりをしています。あいにくの雨だけれど、晴れていたら公園へ遊びに行ってしまうので家の中で楽しむにはちょうどよかったかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

取材

幸いなことにマスコミの取材を受けました。下記の日程で放送・発売されますので機会があったら見てください。

10月6日(金)夜9時 NHK ニュースウォッチ9
  大きな事件があった場合は 10月9日(月)に延期
10月7日(土)発売 AERA

マーケティング部署にいたことはあっても、マスコミ対応はしたことがなかったのでアタフタしていました。何かと手際が悪くて、記者さんは大変だったかも。ごめんなさい。

| | コメント (6) | トラックバック (3)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »