« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

来年の手帳

近所の書店で来年の手帳を購入しました。MOLSKINE Pocket Weekly Notebookというものです。去年は時間もあったので大手書店や文具店、ハンズまで見て回って3KMを購入しましたが、結局夏ごろから使わなくなってしまいました。今は主にYahoo!カレンダーと、ノートに何でもかんでも書いているのですが、これで会社と娘のプレスクールの予定と、プライベートを管理するのはかなり危なっかしいので手帳の必要性を改めて感じていました。

小さな会社には営業さんも来ないので、年末にカレンダーをもらえるアテがありません。夏に事業を開始したときに季節外れでカレンダーがなくて困ったし、そろそろ1月の予定が書き込めないと困るので近所の書店で来年のカレンダーを買ってきました。この書店で1種類だけ扱いがあったのがモールスキンの手帳だったのです。小ぶりで、手帳が開かないよう綴じるゴムと、マチのある大きめの内ポケット、見開き1週間で右ページはノート。他の手帳と見比べもせずに買うなんて今までの私ならありえませんがシンプルだけれど必要十分な機能なので即決してしまいました。

新しい手帳って何かワクワクしますね。来年は飛躍の年になりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペットに癒される

会員さんのたっての希望で、ハムスターを飼い始めました。手間はかかるし鼠と思うとちょっと怖いし内心困ったなぁと思っていたのですが、いざ飼ってみたら愛らしい仕草に皆が癒されています。

調べたところハムスターは徐々にゆっくり慣らして2-3週間で手乗りになると書いてありますが小学校一年生の会員さんには、構っちゃダメよというのは通じません。いきなりガブリと噛まれたのにもめげず一生懸命お世話をしたところ1週間足らずですっかりなつくようになりました。

週末はペットホテルに預けようと思っていたのですが、早くも愛情が湧いてきて、自宅へ連れて帰るためのケージなど揃えています。大きな動物と比べると寿命はそう長くはないらしいので、先のことに今から心が痛みます。

こんな小さなペットなのに会員さんは毎日とても楽しそうで、宿題やピアノなどいろいろなことに積極的になりました。動物を見ているとみんな優しい気持ちになるので飼ってよかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンタさん

去年はクリスマスという単語ぐらいしかわかっていなかったけれど、今年はすでにどこからかサンタクロースがプレゼントを持ってくるという情報をゲットした娘。突然サンタさんのプレゼントが欲しいとキレて泣き出しました。(@ @) クリスマスはずっと先なのに困りました。咄嗟に「サンタさんはねぇ、良い子にだけプレゼントくれるのよ」という私をそんなこと聞いていないヨと驚いた顔でまじまじと見る娘。こんな大事な情報を知らなかったのねw 泣き止んで現金にも「サンタさん何くれるの?」と聞いてきます。うーん、どうしよう。

我が家のクリスマスの方針なんて考えていなかったので、サンタさんの秘密に触れてしまいそうでドキドキしてしまいました。これからもいろいろなことを何の前触れもなく聞かれるのでしょうね。(冷汗)

娘は明日とか何曜日ぐらいまではわかるのだけれど、来月なんていう時間の感覚はまだありません。クリスマスまでサンタネタで良い子に引っ張れるといいのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フリーマーケット

今日は朝から娘のプレスクールのPTAでフリーマーケットに出店したのでそのお手伝いに行ってきました。フリーマーケットは初めてだったのですがお天気にめぐまれ、なかなか楽しかったです。午前中の担当だったのですが、若者とお年寄りが多くファミリー層はあまりいませんでした。乳幼児向けのブランド服や赤ちゃんのお世話グッズが多かったのですがお孫さん向けに買っていく方がほとんどでした。

午前中は母がみてくれ、夜は妹が遊びに来てくれて娘は大喜びです。私はもっと嬉しい(笑) 私は核家族育ちですが、子供がいると大家族だったらいいなぁと思います。

さて、夜になり売上の集計が来て、何が嬉しかったって実際の売上と私の予測との誤差が3,000円以内だったことです♪昔はこういう数学的感覚がまるでなかったのですが、会社の経営をはじめたら少しずつ敏感になってきました。

部屋中が商品で一杯になった中で、売上がいくらになるなど最初は予想だにつきませんでしたが、予測値は値札シールを400枚使い切ったので、衣類が多かったのでその平均単価を半値に値切られることを考えて50%にし、さらに売れ残りを想定して8掛けにしました。値札シールを貼った以外にも商品はあったのですがまぁだいだいこれぐらいかなと。こういう考え方がサッと出来るようになったのはMBAのおかげです。学校を出なくても営業の方ならそんなことすぐに思いつくかもしれませんが、昔の私はどこから手をつけていいのか見当もつきませんでした。

以前は値段や売上、儲けの仕組みがよくわからなかったのですが少しずつ肌で理解できるようになりつつあるように思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワーキングママ友

ネットで知り合ったママ友が出張で東京へ来るので久しぶりにお会いしました。電車の始発から日本列島を西へ東へと移動した彼女とホテルで落ち合い、夜の西麻布へ。いつも車で通るだけで立ち寄ったのは数年ぶり。子供がいないころは、「久しぶりに夜遊びした」なんていう話を聞くと、ワーキングマザーは自分のための時間がなくて可哀想と同情を禁じえませんでしたが、子供を持ってみると実はそんなことぜんぜんないのですよねー。初めて子供を置いての出張できっと彼女も寂しいはず。でも嘆いてもどうしようもないことだからせっかくなら会って楽しく過ごしましょうと。

颯爽とスーツで登場する彼女になつかしいような、うらやましいような気持ちになりました。自分のキャリアの話や、育児のこと、家族のこと。接点がいろいろあるのでいろいろと刺激されました。離れているのだけれど、仲間のような感覚の素敵な友達です。元気をありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続・It's a Small World

世間は狭いはまだまだ続きます。昨日お問い合わせがあったお客様は自宅の駅が同じでした。今朝、仕事の打ち合わせをさせていただいたある団体の代表者の方とは、大変お世話になった共通の知人がいました。

昨夜、会員さんの希望でペットのハムスターを購入したのですが、ペットショップのオーナーの方は会員さんのお父様のご友人でした。ハムちゃんまでも巻き込んだIt's a small world。縁とは不思議なものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月20日~24日

20日(月)
クレープ
ドライカレー
フルーツサラダ
ヨーグルト

21日(火)
バナナプリン
パン
チキンクリームシチュー
春雨サラダ
フルーツ

22日(水)
ミニお汁粉
ごはん
けんちん汁
キンメ鯛の干物
白菜の煮浸し
インゲンのゴママヨ和え

23日(木・祝)
お休み

24日(金)
クリームブリュレ
手作りうどん(ほうとう風)
玉子焼き(ハムとチーズ)
フルーツサラダ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

残業から見る働き方

若い頃はそうでもなかったのですが、今の私は仕事が終わったらさっさと家に帰りたいタイプの人です。昔は、今日はもうする仕事がないということになかなか気がつきませんでした。何か次から次へとやることを見つけてきては忙しくしていました。昼間に仕事が終わったらちょっと途方にくれたかもしれません。仕事をしていないと後ろめたさがあっても、くだらない仕事をしている罪悪感はまるでありませんでした。内容はともかく何か仕事をしていれば安心感がありました。

職務が変わり裁量労働制になり「時給は自分の働き方で決まる」ということになってはじめて意味のない仕事はしないようになりました。仕事が終わったかどうかの判断も自分でつくようになりました。でも昼前に仕事が終わってしまうとちょっと迷いました。労働の供給弁を自分で調整できるようになったわけですが、それが適切だったかどうかの評価は上司に委ねられ、自分では判断がつけかねたからです。何はともあれ目の前の仕事をさっさと終わらせれば有能な気分になりました。

インセンティブとモチベーション(動機付け)については頭で理解していましたが、会社を経営する立場になって初めて仕事の値段のカラクリがわかるようになってきました。自分の懐を痛めると心から理解できるようになります。お金のことを懐(ハート)で言うのはうまい表現です。

経営者としては用もないのに残業されるのは大変困るのですが、一分一秒でも早く帰りたいような会社でも困ります。

一人暮らしの義母は近所の料理屋さんに早朝仕込みの手伝いに行っています。仕事のあとで朝ごはんを一緒に食べる人がいるのがうれしいようです。昨日、自然と共生するLOHASなお店が並ぶフェアをやっているところに通りがかったのですが、ビジネスでありながら共通して部室っぽい雰囲気を感じました。好きなことを仕事にしたいという若者たちを見ても今後こういう働き方が増えそうだなと感じます。人をひきつける魅力ある職場づくり、その結果仕事が終わってもまだその場にいたいという要求にどう対応できるのかちょっと考えてしまいました。残業代や労災などのことを考えると本当は用が終わったらさっさと帰ってもらわないと困るのです。今の裁量労働制はごく一部しか適応できませんが、今後は労働時間とアウトプットに直接因果関係がある仕事でないと時給や残業は適応されなくなっていきそうだと思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

It's a small world

来年新1年生になられるお子さんをお持ちの保護者の方からの問合せがちらほら入るようになりました。

この仕事はそれまでの仕事とはまったくの異業種だったので、誰も知らないところでキャリアを仕切りなおしをしている気持ちがしていました。でもここ数日見学にいらした方とは、話をしているうちに過去に接点があったり、共通の知人がいたりと不思議なご縁がありました。今までの自分のキャリアや過去を突然に切り捨ててしまったような寂しさや不安感をもつこともあったのですが、この出会いで"あ~、自分は繋がっている"と気持ちがとても楽になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初年度終了

7月から10月まで、4ヶ月分の領収書を整理しました。会社に勤めていたときのように、清算をすれば自分に返金されるというわけではないのでなかなかやる気が起こらず、ついに決算の10月末を過ぎてやっと重い腰をあげました。起業にあたって沢山の買い物をしたのでノート1冊、スティック糊が1本なくなりました。

事業を開始できたこと。人を採用できたこと。顧客ができたこと。マスコミで取り上げられたこと。

良くも悪くも計画したことしか出来ませんでしたが一応初年度の目標は達成かな。以前いた会社ではOver Performすることが求められていたので、なんとなく物足りなく感じますが、゛未達でない゛ということは重要なことですよね。

日々、事務仕事に忙殺されていますが、今年度の目標もしっかり立てねば。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »