« 娘の夏休み | トップページ | 辞書遊び »

アンチ・ディズニー

3歳6ヶ月。少しずつ世の中のことがわかって何にでも興味いっぱいのの娘。こんな小さな子供にも消費の誘惑の多い昨今、いろいろなものを体験させつつ、親が適切ではないと思う情報から隔離させるのは並大抵のことではありません。

我が家ではテレビ・DVD-ほとんど見せていません。...というか正確には見る時間がありません。一緒に遊んだり、本を読んだりしているとテレビを見る時間てなくなってしまう。私が朝寝坊をしてあわてて朝食をつくるとき(=娘の相手をしてやれないとき)に教育テレビの子供番組やDVDを見せることがありますが日中や夜は見せません。DVDはセサミストリート、Dora、Cliffordなど短いお話が何篇か入ったDVDから1,2話を見せています。

テレビっ子の夫は、レンタルショップで月に2本ぐらい子供向けのDVDを借りてきて娘と週末に見ています。私からは名作童話をディズニー映画で見せるのはやめて!とリクエストしています。シンデレラ、白雪姫、人魚姫、眠れる森の美女、不思議の国のアリス、くまのプーさん、ピーター・パン、アラジンと魔法のランプ...と聞けば名作童話というジャンルよりも、それぞれのディズニーのキャラクターの顔がまず思い浮かぶのではないでしょうか? 私としてはまずグリム童話やアンデルセン童話、アラビアンナイトなどを読んでからにしてほしいなぁと思っています。世界中の子供達の空想力を掻き立ててきた童話ですが、ディズニーの過剰な演出を見たあとではそのイメージがあまりにも強力すぎて、まだ小さな子供には物語を読んでも想像力が働かなくなってしまうだろうなぁと思うのです。

娘が最近はまっている「人魚姫」も最後は海の泡になってしまううら悲しいお話だったのにそれが陽気なハッピーエンドの世界になってしまうのも、なんだかなぁと。

ディズニーの世界がディズニーランドの中だけで非日常的だった昔はいいのですが、いまやDVD、絵本、キャラクターグッズと日常生活の中にディズニーの強烈なキャラクターが溢れ返っていて...ディズニーの世界から逃れられない。最近娘は本屋さんへ行ってもキャラクター本ばかりを選びたがるので、本屋には連れて行かず親が買い与えることにしました。娘はどうして知ったのかディズニーランドにも行きたがっていています。娘が小さいときに家族で2度ほど行きましたし、楽しいところだと思うのですけれど、その楽しみがディズニーランドで完結せずに、読む本から、ごっこ遊び、ハロウィーンの衣装までディズニーに塗り替えられていく、そういう日々の生活にまで踏み込んでこられることを考えると行くのを躊躇してしまっています。個々のディズニー作品はキャラクターはかまわないのですが、それらが総合的に迫ってくるのが嫌なのです。

ディズニーもマクドナルドも社会人としてそのビジネスモデルを見るとお見事ですが、いち保護者としてその強力なマーケティング力と対峙しなければならないとなると大変です。

|

« 娘の夏休み | トップページ | 辞書遊び »

コメント

ご無沙汰しています。ちょっと過激なタイトルでしたのでドキドキしていましたが、賛同してくれる方がいてよかった。(^ ^)

今日はわけありで娘と本屋へ行く破目になったのですが、ディズニー・プリンセスの月刊誌のようなものがほしいと言い出してひと悶着。結局、最近娘が大のお気に入りのバムとケロという絵本シリーズで持っていない本を購入することで落ち着きました。ぐりとぐらも好きだけれど、そのシリーズ本ではディズニーにはかなわず...だったので、何かとっても好きな本とめぐりあえていてよかったと改めて思いました。良いといわれる本は沢山ありますが、何にハマるかわからないのでいろいろ与えるしかないですねぇ。

プリンセスシリーズはラブストーリーって感じですからねぇ。勧善懲悪のほうがずっといいかも。

娘はライオンキングごっこにはまっています。来週はサーカス、人魚姫、ミュージカルのピーターパンと盛りだくさんなので新しい遊びが増えるでしょう。

投稿: まーま | 2007年7月17日 (火) 20時01分

楓です☆ 大変ご無沙汰しておりました。
たまにお邪魔させて頂いていたのですが、いつも読み逃げですみませんでした(^_^;)

ディズニー然り、マクドナルド然り。まーまさんとまったく同意見なので、思わず出てきてしまいました。ちなみに、私は息子が物心ついてからは一度もマクドナルドには連れて行っておりません。息子が自分の意思でお友だちなどと行くようになるまでの間は、親は連れて行かないことで夫とも意見が一致しております。

また、この間ビデオ屋さんへ行ったら子ども向けの童話をキティちゃんが演じるシリーズがあって、我が家はこれはやめておこう、と思ったばかりでした(笑) 

どこまで気にするか、どこまで私の価値観を育児に反映させるか、悩ましく思うことも多々あるのですが、できる範囲で気を遣っていこうと思います。ちなみに、私は勧善懲悪ものの胡散臭さが個人的にいやなのですが、こればかりは私の方が折れるしかなく(まあ、誰もが通る道ですよね)、息子はただいま怪獣ごっこにハマっております(笑) では、また♪

投稿: 楓 | 2007年7月16日 (月) 01時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/89555/7159029

この記事へのトラックバック一覧です: アンチ・ディズニー:

» キャラクターグリーティング 【東京ディズニーランドパーク攻略】 [東京ディズニーランドを楽しむ]
ミッキーに会いたい!ミニーに会いたい!一緒に写真をとりたい!!運がよければ、パーク開園早々に、メインエントランスでキャラクター達が尾で迎えしてくれるよ。ミッキーやミニーはもちろん、白雪姫や七人のこびと、三匹のこぶた、ビッグ・バッド・ウルフとか...... [続きを読む]

受信: 2007年7月16日 (月) 11時39分

» ディズニー大好き♪ [毎日更新♪ディズニーマニアックス♪]
毎日更新♪ディズニーマニアックス♪ [続きを読む]

受信: 2007年8月 9日 (木) 10時19分

« 娘の夏休み | トップページ | 辞書遊び »