« たかが砂場、されど砂場: 大人の砂遊び | トップページ | 読書 »

好き嫌い

乳食の頃はなんでも食べたのに3歳半の娘はかなりのpicky eaterです。お肉・お魚大好き。お野菜大嫌い。初めてのものは基本的に嫌い。食卓には娘が食べられるものを中心に嫌いなものを少しずつ添えています。お弁当に入れると食べてくるのですが、家では噛まなくてもいいぐらいの小さなかけらをミルクで流し込んでいます。

子供が嫌がったらその気になるまで待つという、またはその気にさせる...という方針なのですが、昨夜は時間があったので、あの手この手で嫌がるこどもに無理に食べさせてみました。そして、たとえそれがどんなにいいことでもむりじいするのは虐待だなぁと再認識しました。暴力を振るったり、大声を出したりということもなく、ひざに抱っこしながら強引に口説いて食べさせたのですが、それでも子供が泣き叫び、最後には食べたものを全部吐いてしまうのには十分でした。(パートナーも子供のころ、ハンバーグを食べたあとに゛にんじんのすりおろしを入れた"と親から聞いて吐いてしまったそうなので、遺伝かもしれません)

やっぱり無理強いはよくないというのが結論です。昔は野菜がお皿にあるだけでも嫌がっていたのに、最近は食べもしないのに皿に盛りたがります。結局食べずに捨てることになるのですが、小さな前進ではあります。もったいないと叱ることもできますが今は静観しています。これからは私が家で料理をする日はお野菜をひとつ決めて一緒に調理をすることにしました。今日はフレンチフライは好きだけれど、他の調理法の芋は食べない娘と一緒に芋料理を沢山つくる予定です。同じお芋からフレンチフライだけでなく、マッシュポテトやカレーになるということを教えてあげようと。今までも家庭菜園や一緒に調理など食育らしきことは一通りやっているのですが、娘は頑固に野菜を食べません。芋づくしをしてもフレンチフライ以外は食べないかもしれませんが、ときおり工夫しながら根気よく待つこととします。

|

« たかが砂場、されど砂場: 大人の砂遊び | トップページ | 読書 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/89555/7279606

この記事へのトラックバック一覧です: 好き嫌い:

» 一流シェフが食育に一役  [有村 ブログ]
学校給食プロデュース ですと。。もっと早くやってほしかった?。 給食、食べられなかったなぁ。本当に美味しくなかったもん。 今の子供たち。うらやましいです [続きを読む]

受信: 2007年7月26日 (木) 11時40分

« たかが砂場、されど砂場: 大人の砂遊び | トップページ | 読書 »