« 好き嫌い | トップページ | 木場公園の冒険広場 »

読書

日曜日は皇居周辺でパレスサイクリングをすることが多い我が家。今日は雷が鳴り出したので、丸善へ行くことにしました。

今日は、元祖「あんぱんまん」、学研の「はっけんずかん・むし」、安野 光雅「ふしぎなさーかす」と、8月下旬に人形劇を見に行く予定の「エルマーのぼうけん」を購入。「ふしぎなさーかす」は自分が子供のころ、よく飽きもせずに眺めていました。児童書売り場へ行くと、自分が子供の頃に読んで楽しかった本が沢山あり、ついつい娘のためにも購入してしまいます。私は3人妹弟の長女なので、家には子供の本が長いこと置いてあったのでよく覚えています。現在、傑作集になっている本には60年代~70年代に出版されている本が多いのでもしかしたら初版本などもあったかも?  今でこそ名作集になっていますが、きっと当時は新作だったのでしょうね。

歳が離れたパートナーは、児童書の記憶がなく、世界の名作童話や昔話、鉄腕アトムのようなテレビ漫画のようなものしか記憶がないといいます。1950年代までは戦後復興中で児童書も少なかったのでしょうか?

娘には童話、昔話、自分が読んだ児童書だけでなくさらに最近の新刊、発達段階に応じたしつけ絵本や、時計や文字などの知育本もと欲張ると毎日読み聞かせをしてもぜんぜん時間が足りない感じです。加えて、私はあまり評価していないのですが、どこからか入手してきてしまうディズニー絵本や月刊幼児雑誌のような娘にとっての娯楽本もあります。こうしていくと娘の子供はさらに沢山の本を読むことになるのでしょうか?

英語と日本語それぞれの本を読んでやるので、グリム、アンデルセン、イソップ童話などは英語にしています。日本の児童書も有名なお話はずいぶんと英訳されていますが昔話や自分が子供ころ読んだ本は日本語の原作を読むことにしています。効率よく沢山のお話に触れられるよう、何をどの言葉で読むかはよく考えてから本を購入しています。

花火大会の前に花火関連の絵本をさりげなく読んでおく、人形劇やミュージカルの前に同じ本を読んでおく、アリやバッタなど捕まえた動物のことを図鑑で調べて見る...など娘の生活は本と密着しています。

一人で書店へ行ってもついつい児童書売場で時間が過ぎてしまう、児童書を沢山買ってしまう、絵本は重い! 家に帰り、私が本を読もうとすれば娘が自分の本を持って、「読んで~」とやって来ます。娘が一人で本を読めるようになるまでは時間的にも経済的にも肉体的にも自分の読書タイムはなさそうです。私はテーマを決めて、関連書籍を数冊平行してゆっくり理解しながら読み進めるのが好きなので、今はあまり読書をする気にはなれません。いつか自分のために本をたっぷり読める日が来るでしょうから、それまでは娘との読書を楽しもうと思います。今はビールを飲む前に喉の渇きを楽しんでいるような感じです。

|

« 好き嫌い | トップページ | 木場公園の冒険広場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/89555/7321178

この記事へのトラックバック一覧です: 読書:

» 私の資格学習 英語編 その9 [資格で学んで投資で稼ごう!!〜おこづかい研究日記〜]
金銭難のため、平日のアフター5を利用しての 独学がふさわしいとの結論に至りました。 何冊かの本が相性よかったようで、 繰り返し使用しました。 [続きを読む]

受信: 2007年7月30日 (月) 11時29分

« 好き嫌い | トップページ | 木場公園の冒険広場 »