« 日記ベタ | トップページ | How to Speak Politely and Why »

我が家のサンタクロース 

まだカレンダーの日付をきちんとわかっていない娘。都合が良いので昨夜クリスマスパーティーをして、今朝プレゼントが届くようにしました。我が家はサンタさんと父親の両方からプレゼントが届きます。自分がプレゼントを購入しているのにサンタさんだけが感謝されるのは納得がいかないという、家人の大人気ない理由からです。(- -;; サンタさんのプレゼントは枕元に、家族間のプレゼントはツリーの下に置いておきます。

いろいろな人のブログなどを拝見していると子供が何を欲しがっているかを知るのに苦心しているおうちが結構あるのですね。我が家ではおもちゃはサンタさんが選んでくれることになっているので子供のリクエストは聞かずに親が与えたいものをプレゼントしています。自分が子供のころ、そうだったからなんとなく娘にもそうなっています。子供心にも欲しいおもちゃ(主にキャラクター物)があり多分親もそれを知っていたにもかかわらずいつもヨーロッパ製の木で何かをつくるような玩具ばかりでした。高学年になると「あ~、また~」と朝からちょっとがっかりするのですが、今も記憶にあるのは結構飽きずに遊んでいたのかもしれません。

私は妹や弟がいたからか小5まで疑うことなくサンタクロースを信じていました。学校帰りに友達が、「まだサンタクロースを信じている子がいるんだってぇ、笑っちゃうよねぇ」と言うのを聞いて「へーぇ」と言いつつ凍りついたことを今もよく覚えています。もっと小さかったら「信じない子には来ない」とか反論できたのでしょうが、小5になると反論の余地はなく、「そうだったのか」という落胆が大きかったです。

世界中の大人が一丸となって、サンタを演じているのはほほえましいですね。娘はいつまでサンタクロースを信じてくれるのでしょう。少しでも長くお伽の世界にいてほしいなぁと願っています。

|

« 日記ベタ | トップページ | How to Speak Politely and Why »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/89555/9550086

この記事へのトラックバック一覧です: 我が家のサンタクロース :

« 日記ベタ | トップページ | How to Speak Politely and Why »