« 臨機応変 | トップページ | 日記ベタ »

クラッシック・デビュー

ずっと童謡やらマザーグースやら子供向けの音楽ばかり聴いていた娘。バレエ「くるみ割り人形」に母が連れて行ってくれることになったので、2週間ほど前から音楽CDを購入し、車内で聞かせています。歌詞がないから嫌がるかなと思っていたら意外にもすっかりハマり、「これは何の音?」、「これはピエロの歌だよね?」、「雪の歌をかけて」と覚えてしまいました。お気に入りは二十日ネズミと王様の戦闘の場面とロシアの踊りだそう。賑やかで騒々しいのが好きだそうです。(- -;; 全曲どれもシングルカットできるようなすぐに口ずさめる親しみやすいメロディばかりなので、初めて聞くクラッシックとしてはよかったのだと思います。くるみ割り人形の絵本も買ったのですが、これはバレエを鑑賞してから見せようと思います。音楽CD->バレエ->絵本の順で展開予定です。

せっかくオーケストラや楽器に興味をもってくれたので、次は「動物の謝肉祭」にしようとCDと絵本を注文してみました。オーケストラ版と室内楽版と迷い結局両方を購入してみました。アレンジの違いを楽しめるようになるといいのですが。バレエを見たらしばらくは「くるみ割り人形」に熱中していると思うので、新年になってほとぼりがさめたら与えてみようと思っています。

|

« 臨機応変 | トップページ | 日記ベタ »

コメント

動物たちの謝肉祭―サン=サーンスの音楽に誘われて (大型本) にはまだ開封していないのですが曲と詩の朗読のCDがついていました。

投稿: まーま | 2007年12月15日 (土) 10時38分

CD2枚と本を購入しました。
翌日には発送されていたので、週末にもとどきそうです。

サン=サーンス:動物の謝肉祭
~ アルゲリッチ(マルタ) (アーティスト, 演奏), バシュキローバ(エレナ) (アーティスト, 演奏), クレーメル(ギドン) (アーティスト, 演奏), ツィンマーマン(タベア) (演奏), ポーシュ(アロイス) (演奏), その他
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00005FG6Y

サン=サーンス:動物の謝肉祭
~ プレートル(ジョルジュ) (アーティスト, 指揮), パリ音楽院管弦楽団 (演奏), サン=サーンス (作曲), プーランク (作曲)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0009OAU16

動物たちの謝肉祭―サン=サーンスの音楽に誘われて (大型本)
エイドリアン・ミッチェル (著), きたむら さとし (イラスト), 四元 康祐 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/477640236X

投稿: まーま | 2007年12月14日 (金) 22時32分

昨日コメント残したつもりだったのですが、うまくいっていなかったみたいです。(もし重複していたら削除してくださいね)

今ちょうどクリスマスプレゼントに頭を悩ませていたところなので、「動物の謝肉祭」真似させてもらうかもしれません!ちなみに、けっこう種類があるのですが、オススメのCD&絵本はどれですか?

投稿: izumi | 2007年12月14日 (金) 19時15分

はじめまして。
ブログ応援サイトのファイブスタイルです。
ブログの記事、拝見させていただきました。

当ファイブスタイルでは、5つのスタイルの
カテゴリからブログをご紹介出来ればと考え、
担当者の私が1つずつ訪問しご紹介させて
いただいております。

是非、訪問していただければと思います。

詳しい説明はこちら⇒ 
http://www.fivestyle.biz/info/guidance

12月より会員様のお知らせを告知できる
ページ、専用メール、bbsも開始致しました。
最後になりましたが、不快に思われた方、および
既にご案内を受けた方にはお詫び申し上げます。

ファイブスタイル
http://www.fivestyle.biz

投稿: kitajima | 2007年12月12日 (水) 15時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/89555/9364732

この記事へのトラックバック一覧です: クラッシック・デビュー:

« 臨機応変 | トップページ | 日記ベタ »