« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

食事

介護で一番大変なことのひとつが食事の介護だそうです。食事を拒否してなかなか食べてくれないというのです。寝たきりになったら食事は一番の楽しみかと思っていたので驚きました。しかし、介護講座でお互いにベッドに斜めになって食事を食べさせてもらう経験をしたらその気持ちがよくわかりました。喉に詰まらせたり、気管支に入って肺炎を起さないよう介護職はつるんと食べられるようなさまざまな工夫がされています。液体もむせないようにお茶や味噌汁にまでとろみをつけます。市販の介護食を食べる機会もありました。「胃に入ったら一緒」といろいろなものを一度に口に入れてしまうことがありますが、最初から全部をいっしょくたにドロドロにされて出されるものはそれとはまったく違う味覚です。日ごろ自分がおいしいと感じる味は、見た目や、歯触りなどさまざまなものが、絡み合って生み出されているのだということがよくわかりました。

介助者の人がどんなに優しく親切に手伝ってくれても食べたくないのは納得です。生活の介助をしてくれるのはありがたいけれど、食べずに衰弱してもよいと思ってしまいそうです。戦時中ひどいものを食べて生き延びた話を聞きますが、介護食も生への強い執着がないと食べられなさそうです。

食べること、生きることって何だろうと考えさせられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お誕生日会

プレスクールのお友達を招待して娘の4歳のお誕生日会をやりました。幼稚園児が楽しく安全に騒げるところということで、Gymboreeで開催。体を思いっきり動かせる遊具があり、スタッフの方がついて進行してくれるので親はとても楽チンです。

とはいえ、年末に会場を予約して招待状を出したり、年明け早々にケーキやバルーンの発注をしなければならずかなりタイトなスケジュールでした。私は夏生まれなので、BBQやプールパーティーが多かったのですが、娘は冬生まれなので室内で遊べる会場というのは毎年の課題になりそうです。

去年までは娘は何もわかっておらず親が楽しむための誕生日会でしたが、今年は娘のリクエストもいろいろあったのでちょっと張り切ってしまいました。

今日の言葉は"Thank you for coming." お友達みんなに言ってまわっていました。一人だけ言い忘れちゃったみたいで帰りの車で気にしていました。明日はThank you cardを書きます。パーティーは楽しく集まってくれる友情に感謝するものなのよということを娘なりに理解してくれるといいなぁと願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

介護技術講座

自治体が主催する2日間の介護技術講座に参加しました。随分と昔、NHKの教育テレビで介護技術は若いうちに身につけたほうがコツを体が覚えやすいというのを聞いて以来ずっといつかは参加しようと思っていました。介護保険制度が変わってからというもの以前よく自治体で無料で開催されていたホームヘルパー3級という数日間の講座はほとんど開催されなくなってしまったので、たまたま見つけたこの講座に申込ました。

専門学校を利用しての開講でしたが、実習室には介護ベットから、本物の和室、お風呂などがゆったりと設えてあり、学校はもっとごちゃごちゃしている場所かと想像していたので、施設が明るく整然としているのは驚きでした。受講生の中では私は若い方で、私の母やそれ以上と思わしき方も多くこれが老老介護かと思わされました。

初日の朝はまずベッドを整えることから。床ずれが出来ないようしわひとつないピーンと張ったベッドを作るのです。介護というと暗く汚れたイメージもありましたが朝からこんなベッドを作ったら介護をするほとうもされるほうも気持ちよさそうでした。埃を立てずにベッドメークをするためのシーツの畳み方から広げ方まで教えていただき、日常生活でも役に立ちそうでした。

子育てはいつまでにどうなるという凡その見通しが立つけれど、介護はいつやってくるかわかりません。親に何をどこまでしてあげられるかはわかりませんが、イザというときタイムリーに講座が開いていたり、自分の時間が取れるとは限らないので、今年から介護保険料も取られるようだし、今受講できてちょうど良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

How to Speak Politely and Why

"How to Speak Politely and Why"という子供向けの本を購入しました。Ain'tとか、Gimme、Gonna、Wonna、Can等々子供がよくつかいそうな雑な言葉遣いを正したり、正しい人称や時制の使い方、受動態と能動態の文法や間違いやすい動詞などについても載っています。

しかしよくよく考えたら、娘はまだAin'tやWonnaなどと全く言いません。この本を見せたら逆に面白がって言うだろうなぁと思い、しばらくはしまっておこうと思います。

英文法にイマイチ自信がない大人の方にもお薦めです。薄い本ですので辞書なしでサラっと読めるし、文法は最低限これだけおさえておけば話があべこべになることはないのではないかなぁと思えるような内容でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »