まずはニューヨークへ

...退職して真っ先にやってきたのはニューヨーク。
到着してから時差で寝たり、起きたりでまだ一歩もホテルから外出して
いないのですが、チェックインのときに部屋をアップグレードしてくれた
ので、トイレが3つもあるセントラルパークを望む部屋は快適なり。

大人向けのホテルかと思っていたら子供向けのサービスが
充実していて感激しております。
Cribや、ベビーシャンプーなんていうのはどこのホテルでも
常備していてくれますが、子供用のバスローブが置いてあったり、
ホテルのロゴ入りバッグに、水とトランプとマンハッタンで
子供が楽しめる施設の案内が入ったものをプレゼントしてくれたり、
極めつけはこのホテル専用に編集されたUpper East界隈の子供向け
ショップやレストランのガイドブックが客室においてありました。
New Yorkは一通り知っているのですが、子供と一緒となると
どうしたものかと思っていたのでとても重宝しそうです。

今回は特に予定を立てていないので、秋のセントラルパークと
美術館散策をして過ごそうと思っています。
友達にもこれから連絡をして、会えたら会おうという程度。
リラックス、リフレッシュ。
メールをチェックしない、帰国したらあーして、
こーしてなどと考えなくていい、こういう休みが欲しかったのだ。
家族は疲れて寝ているけれど、コーフンして私だけ早起きしてしまった。
みんなが寝いてる間に、これからThe New York Timesの日曜版を読みます。至福。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ディズニーランド

Tdl GW明けの5/9/月、TDLへ行ってきました!大型連休明けとあって、園内はずいぶん空いていました。TDLは何度も行ったことがありますが、週末だと、公立小学校の春休み明けの最初の土曜日(4月)が空いていましたよ。新学期でクラス替えもあるので遊園地どころじゃないという感じなのでしょう。

娘と祖母が一緒なので、並ばず乗れる船と、座って見られるショーを中心に回りました。まず11:30頃入園してすぐにミッキーの花壇の前でスタッフに写真を撮ってもらう。ワールドバザーでベビーカーの目印用に風船を買い、その後はシンデレラ城を背にパチリ。ジャングル・クルーズ、魅惑のチキルーム、ミッキーマウスレビュー、メリーゴーランド、ハートのクイーンのカフェテリアで食事とオムツ交換)、It's a small world、Toon Parkで遊び、Toon Townでアイスクリームを食べながら休憩し、パレードを横目に出口へ。ベビーセンターでオムツ交換し、お土産を買って4時ごろ退園。

独身の頃は、子連れの人は乗り物にも乗れないし、明るいうちに帰るなんてつまらなさそうと思っていたけれど、子供といると違う楽しみ方があるものですね。アトラクションなんて全然みないで、驚いたり、笑ったりしている娘の顔ばかりみていました。

今度来るときは、衣装を着て写真を撮ったり、切り絵をつくってもらったり、サービス中心で楽しんでみたいな。

ディズニーランドのCDがあるのだけれど、どのアトラクションも定番音楽はもうあまり使われていなかったのが残念。リピータのためには少しずつ新しくしていく必要があるのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あらかわ遊園

Arakawa 今朝は遅く起きたので、遠出は出来ず23区内のあらかわ遊園へ行ってきました。娘になんとか、動物を触らせてあげたいとの私の強い希望で、サンシャイン水族館、マザー牧場、相模湖ピクニックランド...など候補があったのですが、サンシャインは休日は混雑していて動物に触れるのも時間制限だそうなのであらかわ遊園にしました。娘は1歳3ヶ月になったのですが、あらかわ遊園がちょうどいい! 昔大人だけで来たときの記憶はシケた遊園地という印象だったのですが、子供がとても楽しそうでこちらも嬉しくなりました。また来ようっと。

「都電でいくのが楽しそうでいいですよ」と言いつつ、車で出発。あらかわ遊園の駐車場は満車だったので、手前の100円パーキングへ入れました。あらかわ遊園へ行く道、つきあたりが遊園地なのですが、右折しても道はミラーをたたむほど狭く対面通行で何もないですよ!左折してもどうなるかわかりませんが、右折するぐらいならUターンがいい。

園内はたいした食べ物がないし、近隣にも食べ物屋さんがないので食料を調達してから行くとよいです。

あらかわ遊園に続く遊歩道にも公園やら、電気の乗り物がたくさんあります。お砂場道具を持ってこなかったのですが、広くてきれいそうな砂場だったので持ってくればよかった。道具は持っているのですが、まだ砂場デビューしていないのです。園内には2才未満の子供が乗れるのりものはあまりないので、ここで電気の乗り物にいくつも乗せました。人が少ないので写真も撮りやすい。遊歩道沿いの荒川区のスポーツハウスではオムツ換えができます。

いよいよあらかわ遊園入場。大人200円といううれしいプライス。2才未満では乗れる乗り物が限られているので、乗り物チケットは買わずに入場。どうぶつ広場で、ヤギや羊、モルモットに触って娘は大喜びでした。係の人がコマめに動物の糞を掃除しているので、足元は予想していたよりずっときれいでした。大きな羊を見て最初は怖がって泣いていたのですが、3月に生まれたというヤギの赤ちゃん@当然娘より小さいを触って安心したのか、徐々に他の動物も触れるようになりました。何かを克服すると自信がつくのか、ふれあい広場を出るときは小さな体で胸を張って満足気でした。観覧車(大人2人+娘)とメリーゴーランド(大人1人+娘)にのって6枚つづりの回数券で500円なり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国営昭和記念公園

Showapark 動物園では親の期待ほど、楽しんでくれなかった娘。今度は原っぱで遊ぼうと、国営昭和記念公園へ行きました。何事も近場で済ませたい母としては、新宿御苑や代々木公園で十分...とも思うのですが。

園内には3箇所駐車場があります。立川口が一番大きい。駐車場は広いのですが、誘導が下手で渋滞が出来ます。一番奥まで誘導して、奥から順番に停めさせればいいのに、手前から停めさせるので、前の車が停めるのをまってその一台先へ...とみんなが待たねばならないので永遠に時間がかかります。ちなみに昭和記念公園立川口前という交差点、駐車を待つ車が左に寄って列をなしているのですが交差点に係員はおらず、左二車線左折可能な交差点なので歩行者もいるのでこの交差点をまがってから割り込むことは可能です。知らずに並んでしまいましたが...。左折をしたらちゃんと左に寄っていないと駐車場へ入れません。駐車場前の交差点には係りのおじさんがいて信号横入りを防止しています。

ベビーカーの貸出がありますが私たちがついたときにはもうありませんでした。園内はとても広いのでここでもマイ・ベビーカー持参がお勧めです。

ピクニックシートを持っていき、芝生に広げました。地図で見たら公園のホント入り口のはしっこですが、開放間いっぱいです。小さい子がいるうちは木陰に集まってしまうのですが、木が高く、影も大きいので他の人との間隔が新宿御苑とはぜんぜん違う! ボール遊びをしていて怒られないのもいいです。リードにつながれた犬がたくさんいるので、娘はそれも楽しかったようです。

公園に行くときは、2畳サイズのピクニックシート、ペグ(シートを押さえるやつ)、キルトマットを持っていきます。横になると、キルトマットは気持ちいいですよ。どうせベビーカーなので大荷物で快適性重視にしています。本当はお弁当を作ってきたら楽しいだろうなと思いつつ、出掛けに近所のおいしいパン屋さんのサンドイッチを買って、現地で飲み物を買っています。今は娘のことで手一杯なので仕方ないと言い訳。

写真は、園中央のわんぱく広場にて。滑り台つきの遊具がいくつかあって、娘は一番幼い子向けの遊具で遊んでいました。大きなそろばんのような玉を動かすのがとても楽しかったみたいです。

公園の北の方にはこどもの森というのがあるのですが、遠くてたどり着けないし、娘はここの遊具で十分楽しそうだったのでよしとしました。ちなみにすぐ横に、泥んこ池があって、服のまま寝そべって遊んでいる子もいました!シャワーもあったけれど、パンツから洋服から泥だらけになったら、どうやって連れて変えるのだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多摩動物公園

Zoo 暖かくなってきたので、娘を連れて毎週末外出しています。参考にしているのは、コンビニなどで売っている首都圏版の子連れレジャーガイド。娘が一歳になったばかりの頃@冬に買って、2-3歳にならないとダメかなぁと思っていましたが、娘は娘なりの楽しみ方を見つけ出しているようです。

最初に行ったのは、東京都多摩動物公園。桜が満開の週で、近くの上野でもいいのにと思ったけれど、自然に近い形で動物を見せるという多摩に少し早起きして行ってきました。

運良く、動物園に一番近い駐車場に車を停められました!動物園の正式な駐車場を「え~、もっと近くにあるんじゃないの?」と通り過ぎてしまいUターンしようとしたところを客引きのおじさんに連れられた、怪しげな駐車場なのだけれどちゃんと京王が経営しているもので、一日千円でした。動物園の入り口付近のお店やさんの裏のせまい敷地で数台しかはいりません。多分手前の駐車場よりも高いとは思うけれど、距離をセーブしたい早起きさんににはお勧めです。

園内は...坂道です! ベビーカーの有料貸出がありますが、遅く行くと多分ありませんし結構ガタが来ているようにも見えたので、マイマシーンを持参されるといいですよ。

肝心な娘ですが、1歳2ヶ月の時点では反応はイマイチでした。ゾウ・ライオン・キリンは「ウオー」と気がついていましたが、やはり距離感があるので興味が長続きしません。半径数メートルじゃないとダメなんですよね。

ライオンバスには乗らず、上から眺めていましたが、春だからなのか...お盛んでした。というか、メスのライオンさん、オス1とイタシたあとと、しばらく休んでから10分もしないうちにオス2を押しかけて誘い出し、これまたもう1回。びっくりしました~ (@ @) いいんですかぁ?娘とダラダラ歩いていなかったら見られなかったかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子連れ上海出張

Shanghai

仕事で上海へ行って来ました。子供服が安いかなと楽しみにしていたのですが、外国製のものは日本とあまり変わらず、中国産のものはデザインや素材がイマイチで買わずじまいでした。おもちゃについてはいかにも中国産らしいチャチな機能が娘の発達具合には丁度よくリモコンカーとロボットを買いました。

良かったのは子供用の写真館。チャイナドレスで撮影してもらいましたが、上海の古き良き時代風に仕上がりました。韓国や中国では結婚の際立派なアルバムを作りますが、その子供版もあるようで豪華なサンプルが沢山おいてありました。上海は飛行機でも3時間程度なので、今度行くことがあれば時間をたっぷりとってアルバムを仕上げるのもいいかなと思いました。

中国の同僚曰く、アルバムやらウェブページ作成といったクリエータのサービスが安価で充実しているそうで、子供の写真やビデオを取りためて、月次契約している業者に送ると適当に編集して子供のウェブサイトやアルバム、ビデオを作製してくれるそうです。我が家の無修正物の秘蔵ビデオwも編集してもらいたいけれど日本語がわからないと上手に編集できなさそうなので無理だなぁ。残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空の旅とチャイルドシート

Travel

長距離フライトで膝の上は親子ともども辛いので、まだ2歳未満だが、娘のために座席を予約することにした。いろいろ調べてわかったのは、小さい子にはやはり体の大きさにフィットするチャイルドシートがすわり心地もよく、安全だということ。ところがバルクシート(最前列の肘掛にトレーが内臓された座席)のシート幅に合う、チャイルドシートを見つけるのが結構大変なのです。やっとのことで見つけた最小幅のものでもスペック上は1cmオーバー。祈るような気持ちで機内に持ち込んだところ、うまくセットできたときの嬉しかったこと! これからの海外旅行で活躍しそうです。

機内でチャイルドシートを使うには、

  1. 子どもの座席を購入する必要あり(子どものマイルもたまります♪)
  2. どんな規格のチャイルドシートなら機内持込みできるか確認する。 (日本のJIS規格や、米国のFMVSS No.213などの審査を通ったチャイルドシートしか装着させてくれない)
  3. 座席の幅を確認する。私は、世界でも狭い方と思われるJALのエコノミーのバルクシートの幅が、43cm/16"と言われ、
    evenfloの旧型メダリオンを購入しました。テーブルなどが椅子に収納されている最前列でなければもうちょっと幅があると思います。 

Cargo 米国の空港ではよく見かけますが、大きなチャイルドーシートを持って飛行場や機内を歩くのはかなり大変です。今後も飛行機+レンタカーの旅を予定しているのであればKiddieCargo LoRiderというチャイルドシート用の
キャリアがお勧めです。チャイルドシートをこのキャリアにくくりつけて、子どもを乗せたまま移動できるので大変便利です。メーカのホームページが無くなってしまったようなのですが検索すると商品販売ページがかかることがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)